Press "Enter" to skip to content

生理痛の症状と原因はホルモンの影響が大きい

ホルモンの影響
排卵後、体内には黄体ホルモンが分泌されます。これが原因で、生理前の1週間から2週間は微熱が出たり、胸が張ったり、情緒が不安定になるなどの症状が表れることがあります。

生理中には、子宮を収縮させる効果があるプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。子宮内膜を剥がし、経血を出しやすくするために子宮を収縮させるのですが、過剰に分泌されると、きりきりとした陣痛のような痛みが生じさせることがあります。また、痛みを強めたり、血管を収縮させたりする作用もあるため、頭痛や腰痛、肩こり、冷え、消化器系の不調などを生じさせることもあります。

子宮が未熟のため
若い女性は子宮が未熟なため、子宮口が狭く固い場合が多いです。そのため、プロスタグランジンの分泌が多くなり、痛みが強まる傾向があります。

体質が原因
冷え性があったり、血行が悪かったりすると、生理痛はひどくなる場合が多いです。長時間座っているなど、同じ体勢を長く続ける場合にも、骨盤内の血液循環が悪くなって痛みを悪化させます。長めに風呂に入るなど、体を温める工夫をするといいです。

緊張やストレスが原因
毎回生理痛が重いと、生理の度に強いストレスを感じるようになります。緊張やストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩すので、重症化する原因になります。本来軽い生理痛のはずが、思い込みや強いストレスのせいでひどくなってしまう場合があるということです。生活の中で、何か変化があったり、プレッシャーがあったりする場合にも、精神的ストレスがかかった状態になります。なるべくリラックスできるようにすると、痛みも軽減されるかもしれません。

病気が隠れている可能性がある
下腹部の痛みが強い場合には、子宮内膜症や子宮筋腫など病気が隠れている可能性もあります。痛みが生理痛に似ているので、気づきにくいです。痛みが強い人や心配な人は、婦人科を受診してみてください。

症状も原因も人それぞれ
生理中の症状もその原因も、体質や生活習慣などによって人それぞれです。原因を知ることができれば、症状を緩和させることもできます。生理の時でも、できる限り快適に過ごしたいものですね。