Press "Enter" to skip to content

生理痛の薬は正しい使用で効果を得る

薬に頼ってもいい
生理痛があるにも関わらず、薬を飲まずに我慢して過ごしている人は多いです。痛みは辛くありませんか。我慢する必要はありません。薬に頼ってもいいのです。

毎回服用していると、次第に薬が効かなくなると思っている人がいます。用法容量を正しく守っていれば、薬が効かなくなることはありません。むしろ痛みを我慢し続けていると、痛みの原因物質が体内で増えてしまい、鎮痛剤が効かなくなってしまうことがあります。ですから、痛みがあるときは、我慢をせずに、適切に薬を服用するようにしてください。

薬を飲むタイミング
整理痛薬などの鎮痛剤は、痛みを感じはじめた時に飲むようにしましょう。「まだ我慢できる程度だから」と、痛みが我慢できなくなるまで待ってしまう人がいます。痛みが強くなったときには、痛みの原因物質が体内に大量に出た後なので、鎮痛剤が効きにくくなります。鎮痛剤は、痛みの原因物質を抑える効果があるものがほとんどです。原因物質が既に大量に出てしまったあとでは手遅れなのです。ですから、痛みを感じはじめたときに服用してください。

薬の選び方
薬局では頭痛薬や歯痛薬など、痛み全般に効く鎮痛剤が多く見られます。生理痛に特化したものを選びたいのであれば、イブプロフェンという成分が入っているものを選ぶと良いです。他の鎮痛剤に比べて、薬が子宮に届きやすいので、効果を得られやすいです。

生理中のむくみが気になったり、集中力が落ちたりしてしまう人は、カフェイン入りの鎮痛剤がおすすめです。利尿作用や、眠気を抑える作用があるので、むくみの改善や、集中力アップにつながります。

イライラや肩こりから頭痛が出る人は、ブロムワレリル尿素やアリルイソプロピルアセチル尿素などの催眠鎮静成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

適切な薬の服用を心がける
自分にあった薬を、ただしく服用してください。正しく飲んでいれば、飲み続けて効果がなくなることはありませんが、もし、これまで効いていた薬が効かなくなった場合には、痛みの原因が変わったことが予測されます。すぐに医療機関を受診してください。