Press "Enter" to skip to content

生理痛を和らげるには冷えと血行をよくする

ホルモン・自律神経バランスを整える
ホルモンや自律神経のバランスが崩れると、生理痛が重くなります。食生活や生活習慣などを見直して、バランスを整える必要があります。

青魚や大豆、アーモンドには生理痛を緩和する成分が含まれています。ビタミンEやDHA、EPA、クエン酸などを積極的に摂るようにするといいでしょう。

ストレスを溜めることも良くありません。緊張やプレッシャーの無い生活をするのは無理かもしれませんが、軽減することはできるはずです。リラックスしたり、発散したりする時間を設けて、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

冷えなどによって、骨盤内の血液循環が悪くなると痛みが強くなります。長めの入浴をしたり、腹巻や、ひざ掛けを利用したりして、体を冷やさない工夫をしましょう。特に、足回りや腰回りを温めることが大切です。

食事からも、冷えを避け、体を温めることができます。きゅうりやナス、トマトなど、体を冷やす食材は控えましょう。ジャンクフードや白い砂糖も、大幅に体温を奪います。生姜や根菜類など、体を温めてくれる食材を積極的に食べるようにしましょう。

適度な運動も効果的です。筋肉量が不足していると、熱の生産ができずに体が冷えやすくなったり、血管へのポンプの役割が弱くなるので血行が悪くなったりする原因になります。良質なたんぱく質を摂取して、適度な運動を取り入れ、筋肉量を増やすことは冷えを改善するのに有効な方法です。

薬を利用する
薬を飲むのは悪いことではありません辛い痛みを我慢するくらいであれば、薬に頼ってもいいのです。市販の物でも十分に効果が得られますので、試してみてください。眠くならない薬もありますよ。

家事ができなかったり、会社や学校に行けなかったりするような強い痛みがある場合には、医療機関を受診してください。子宮内膜症や、子宮筋腫のような病気が潜んでいる可能性があります。

対策をすれば緩和できる
生理痛は我慢する必要はありません。対策をすれば、和らげることができるので、試してみてください。