Press "Enter" to skip to content

生理痛が重くストレスが悪化しないように上手くいく生活とは

生理痛は多くの女性が経験しています。
軽い痛みなどで済む人もいれば、頭痛や情緒の乱れなどいくつもの症状が重なって大きな不快感となって表れてくる人もいます。
人によって症状や原因は様々です。
原因と対処法を知って、生理中の負担を減らしましょう。

生理痛とは
生理によって分泌されるホルモンの影響で、生理前や生理中には様々な体の変化を感じることがあります。
生理前には黄体ホルモンが分泌され、胸が張ったり、情緒が不安定になったりします。
生理中は、プロスタグランジンという子宮や血管を収縮させるホルモンが分泌され、下腹部の痛みや、頭痛、腰痛、下痢や嘔吐感などを引き起こすことがあります。

子宮が未熟な若い女性の場合は、子宮口が狭く、経血をスムーズに体外へ出すためのプロスタグランジンが多く分泌されます。その結果、痛みが強くなる傾向があります。
出産を経験したり、30代以降になると子宮が成熟し、痛みが緩和されることも多いです。

冷え性やストレスなど、体質や生活習慣などが原因で生理痛が悪化する場合もあります。冷えは骨盤内の血液循環を悪くし、経血の排出を妨げます。
するとプロスタグランジンの分泌量を増やすことになり、痛みがひどくなります。生活をする中で、緊張やプレッシャーなど過度のストレスがあると、血液循環を悪くしたり、モルモンや自律神経のバランスが崩れたりするので、症状の悪化を招きます。

病気が原因であることもあります。痛みがひどい場合には、婦人科を受診してください。病気の有無が分かる上に、薬を処方してもらえたりと、痛みを軽減させることができます。

対処法を知ろう
ホルモンや自律神経のバランスを整える必要があります。食生活や睡眠など、生活習慣を見直しましょう。プロスタグランジンの分泌を抑えてくれうる食材もあります。青魚や大豆、アーモンドなどを積極的に食べてみてください。普段の生活の中でストレスを溜めないようにすることも大切です。

冷えがある場合には、体を温めるように努力しましょう。きゅうりやナス、トマトなど、体を冷やすという割れる食材は生理中は避けた方が無難です。
食べる場合には、スープや生姜、根菜類など、体を温めてくれるものと一緒に摂るようにします。
適度に運動をし、筋肉をつけることも必要です。
筋肉は体に熱を生じさせ、血液循環を良くするためのポンプの役割を果たしてくれます。冷え性を抱えている人の多くは、筋肉量が不足している女性です。冷えを改善するためにも、筋肉量を増やすようにしましょう。

痛みが出てきたら、我慢をせずに薬を服用するようにしましょう。適切な飲み方を守っていれば、薬になれて効果が薄れるということはありません。痛みがひどくなってからでは、鎮痛剤の効果が十分に発揮されないので、痛みが出はじめた時に飲むようにします。

生理不順を改善しよう
3か月以上続くような生理不順は危険です。体の調子が悪いことを示しており、不妊の原因になることもあります。
食生活や睡眠、ストレス、冷えなどが原因で起こることもあるので、心当たりがある場合には改善するよう心がけましょう。
病気が関係していることもありますので、生理不順は婦人科を受診することをおすすめします。

生理と上手く付き合う
生理は女性の体にとって、とても大切なものです。
不快感や様々な症状がある中で、嫌に思うこともあるかもしれませんが、きちんと対策を行うことで、症状を緩和できます。
生理の負担を減らすだけでなく、健康的な体をつくることにもなります。生理と上手につきあっていきましょう。